2017年02月28日

35歳以上の高齢妊娠の厳し現状。自然妊娠の可能性は!

年齢と共に自然妊娠は難しくなり流産しやすくります。

まずは、このデータをご覧ください。

■気になる年齢別、自然妊娠の確率

自然妊娠の確率は次の通り

・30歳で25~30%

・35歳で18%

・40歳になると5%

上のデータを見てわかるように
女性の妊娠能力は30代から低下します。

特に37歳ぐらいで低下のスピードが加速するといわれ、
さらに、自然妊娠の確率が40代になると極端に下がるようです。


また、一般的に40代では約5人に1人の割合で
流産の確率が上昇するそうです。

原因としては、女性が排卵する卵子の数は、一生涯の中で限りがあります。

年齢を重ねるごと、体の老化とともに卵子も老化するから
妊娠しにくくなる体になるため大きな原因だと言われています。




■高齢妊娠は、難しいから諦めるしかないのでしょうか?


国内では35歳以上の女性を高齢とみなし、“ハイリスク出産”と言われています。

ですが、最近は女性の晩婚化がすすみ、
それに伴い高齢出産を経験する女性も少なくない時代で
“ハイリスク出産”と言われる年齢でも出産されている方も多くおられます。



じじつ、芸能界も高齢出産をした方は少なくありません。

例をあげると、たとえば、坂上みきさん、
彼女は加齢とともに妊娠しづらくなる高齢妊娠で、なんと53歳で出産されています。


また、ジャガー横田さん、彼女は43歳のときに結婚し、
不妊治療を続けていたそうですがなかなか妊娠には至らず。

ですが、一度中止したら、すると不思議なことに自然妊娠し、
45歳で第一子となる男児を出産しました。


さらに、永作博美さんは、40歳を目前にしたタイミングで結婚。
翌年には第一子の男児を出産、
そしてその3年後に第二子となる女児を出産しています。

こう考えると、高齢出産は不可能ではないようです。

では、一体どうすれば高齢不妊症でも妊娠できるのでしょうか。


■高齢でも妊娠できる方法はあるのか・・・

基本的には病気を除いて医学の力に頼るよりも、
本来、あなたがもっている「妊娠して元気な赤ちゃんを授かる力」
をアップするほうが必要なのかもしれません。


では、この「妊娠して元気な赤ちゃんを授かる力」を
どうやって手に入れるか?


それならば、これが参考になると思います。

高齢でも妊娠を望んでいた女性、自ら考案した方法があります。
それが、
⇒ヤスヨ式高齢不妊改善法があります。詳細はココをクリック。
posted by ヤスヨ式高齢不妊改善法 at 12:02| Comment(0) | 高齢妊娠は諦めるべきなのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください